senpai1

入社年度2015年度
卒業学部等総合情報
現在の配属第二システム部
入社動機
私はかねてより、人の役に立つものを作りたいと思っていました。当社では、「満室御礼」や「Smart concierge(スマートコンシェルジュ)」などのお客様に愛用していただけるパッケージソフトの開発が行われています。このような製品の開発に携わりたいと思い、入社を志望しました。
仕事内容
組込みソフトウェアの開発部署に所属しています。現在は新人教育として、要件定義からテストまでの工程を学んでいます。組込み系の経験がほとんどない私ですが、先輩方にご指導をいただきながら、実践的な作業を行っています。
おもしろさ・醍醐味
設計書に自分の考えを盛り込めることが、おもしろい点の一つだと思っています。
また、製造よりも設計に重きを置くため、設計書の作成を通して日本語の使い方を学ぶこともできます。
苦労する点
ソフトウェア開発には「レビュー」という、成果物を他の人に見てもらう作業があります。この作業で自分の成果物に対して指摘を受け、修正を行います。文書の書き方や理解力への厳しい指摘もあるため、自分に足りない点が多いほど苦労をします。
印象に残っている仕事
上長に仕様書の指導をしていただいた時、「今日一日調べものをして、それを説明しなさい」という課題がありました。調べものは「ハードウェア」に関する内容でした。ホワイトボードを使い、つたない説明をしながら、上長に調べて学んだことを認めながら話を聞いていただけてとてもうれしかったです。
今後の目標
先輩方に指導をいただく中で、私の考えを伝えると、「それでもいいけど」とさらにその上の提案をしていただけます。お客様からの要求に答えるだけでなく、自らの考えから+αを加えられるような技術者になりたいです。

senpai2

入社年度2014年度
卒業学部等中途採用
現在の配属第一システム部
入社動機
ITとは無関係な仕事についていましたが、仕事内容また自身のスキル面で誇れる仕事をと思いIT企業を志望しました。その中で、アプリケーション開発・組込開発・システム評価と多方面に業績のある当社に入社いたしました。
仕事内容
プロジェクトのリーダーのもとアプリケーション開発をしております。設計や環境を構築した後の、ソースを書いてプログラムを製造することが仕事内容となります。
おもしろさ・醍醐味
仕事をしていく中で、新たな知識を得られたり、技術を向上させうることかと思います。
苦労する点
使用者の目に触れる『結果』に至るための『過程』を作っておりますが、いろんな『過程』で同じ『結果』を出すことが可能です。そのため、手間やプログラムの強度などにより、その中で最適なものを選択しなければならない点です。
印象に残っている仕事
費用を管理するシステムの作成に携わりました。自分の分担は製造ですが、設計の会議に出席した際システムを構築する概念の説明をしていただき、『実際の数字をどのような枠でとらえるか』ということに関して熟慮されていて、今後参考になるだろうと印象に残っています。
今後の目標
仕事に関して、スピード・正確さ・わかりやすさなど多くの価値基準があり、それぞれ相反するものもあるかと思いますが、できるだけ多くの価値基準を取り入れ、高い水準でバランスをとれるようになればと思います。

senpai3

入社年度2014年度
卒業学部等外国語学部
現在の配属第一システム部
入社動機
学生時代ほぼ英語しか学ばなかった自分にとって、日本で働いていくためにはどの業界でも1から学ぶ必要がありました。どんなところにも飛び込もうという気持ちで合同説明会に参加し続けていた際に、電算インフォメーションと出会いました。
面接や試験で訪れる度に雰囲気や人となりを知っていきましたが、段々とこの会社で働いていきたいという思いが強くなっていました。ここで学んで、かつ知識を活用させていきたいなというのが志望動機であり、現在の原動力の1つでもあります。
仕事内容
パッケージソフト「満室御礼」の導入から操作指導・電話サポート等を行っています。「満室御礼」はお客様に合わせて基本の設定を作ります。同じ旅館業務を行っていても、内部のシステムまで同じとは限りません。お客様と事前に打ち合わせを重ね、お客様専用の初期設定を作っていきます。また、問題なく使っていけるよう実際に現地に赴いて操作方法の説明を行います。その他事務作業や販売促進を目的とした広告物の作成等も行います。
おもしろさ・醍醐味
サポートとしてお客様の対応をしている時、謎解きに似ているなと感じます。「○○の時はこう」というソフトウェアの知識と、「ああこんな問題前もあったな」という経験のヒントと共に答えを探します。必ずしも1つの解答に辿りつくとは限りませんが、そうして知識と経験をフル活用していくのは単純にとても面白いと思います。
苦労する点
扱うソフトウェアの知識・対象の業界の基本等…覚えるべき事がとても多いです。自分が業界のひよっ子なので尚更です。知識があってもうまく説明できなかったり話すのが上手くいかなかったりと苦労も多いです。その反面不要な知識はないため、勉強する分詳しくなれますし、経験する分次に活かせます。いろんな能力が問われる分、うまく使えた時は気持ちが良いです。
印象に残っている仕事
入社してしばらくは先輩とともに出張に出ていましたが、最近は自分ひとりでお客様のもとへ伺う機会も増えてきました。会社への連絡手段はあるものの、実際は現地への移動や作業の段取りもすべて自分で行う必要が出てきます。責任と緊張で焦りが止まらなかった初ひとり出張は、かなり記憶に残っています。
今後の目標
サポートは、わかりやすくが目標です。持ってる知識と経験が物を言うので、失敗を恐れずに挑戦して勉強していきたいと思います。ですが人間ですので記憶にも限界があります。現場に出向く機会も頻繁にあるわけではありません。忘れない為にも身についた経験は都度アウトプットし、経験と補完をバランスよく行っていきたいです。

senpai4

入社年度2008年度
卒業学部等中途採用(情報システム)
現在の配属営業部
入社動機
自分は中途での入社で前職が卒業学部とは関係のない業種の仕事をしていました。転職を考えるようになって、今度は大学で学んだ事を少しでも生かせる職につきたいと思い電算インフォメーションを選びました。最初はシステム希望でしたが、営業がちょうど足りないという事で、最初は少し悩みましたが、前職も営業だった事もあり営業で食べて行こうと決めて入社しました。
仕事内容
仕事内容は営業です。自社開発商品や取り扱っている商品を売ってくるのが仕事になります。既存のお客様にシステムの入替の提案や新しい商材の提案をしたり、新規の顧客開拓のためにいろいろな業種の会社に訪問し営業提案をしています。
おもしろさ・醍醐味
営業のおもしろさは様々な業種、役職の方と話せる事だと思っています。自分の知らない業界話しが聞けたり、主に商談の話しをする方は人生の先輩方達がほとんどなので、非常に貴重な時間になります。その機会が営業であればたくさんあるので、いろいろと勉強になります。
苦労する点
営業の苦労する点はすぐに結果がでない事だと思います。新人のときは新規営業は訪問しても断られることの方が多く、商談になってもすぐ結果には繋がらないので地道に通い続けお互いの関係を築いていかなければならないは大変です。でもその先に契約がもらえる事があるので、結果を信じて日々頑張っています。
印象に残っている仕事
営業を始めてから一番印象に残ってる出来事は、3年間通い続けてやっと契約がもらえた事です。3年間なかなかいい返事がもらえず、それでも時間に余裕があるときは顔を出し続けていた結果、人間関係が少しずつできていき、最後の商談では、「あんたから買うよ」と言って頂いた時はすごくうれしかったのを今でも覚えています。
今後の目標
お客様の業界の事も知らないがことがあり、提案がうまくできなく力不足を感じてしまう事もあるので、様々な知識を吸収し提案力をつけてお客様と自社の両方の発展に結びつくような営業をしていきたいと思います。

senpai5

入社年度2006年度
卒業学部等中途採用(情報工学)
現在の配属第二システム部
入社動機
私は、当社で働く前に関東の会社でソフトウェア開発を行っていました。静岡に戻ってくるにあたり、学生時代から学んだ情報工学の知識、経験を生かしたいと考え、地元に事業所のあった電算インフォメーションに入社しました。
仕事内容
家電製品の制御ソフトを開発する組み込み系と呼ばれる仕事をしています。
おもしろさ・醍醐味
家電製品の制御ソフトを作っているという事もあり、係わった家電製品がお店の店頭に並んでいたり、知人宅で使用されているのを見る事があります。
自分の仕事の成果が確実に世間で動いている事を実感できる面白さが組み込み系にはあります。
苦労する点
家電製品は、ひとたび重大な不具合を出してしまうと販売元に莫大な損害を出してしまいます。重大な不具合を出さないように設計から評価まで不備がないか細心の注意を払う必要があります。
印象に残っている仕事
人を検知する赤外線センサを搭載し、人の有無によりお知らせ音声を変化させる機能を持った機種を開発する事がありました。この機能を実現するには、赤外線センサを積んだデバイスとの通信から音声制御まで一新する必要があり、実装までかなりの労力がかかりました。しかし、苦労した甲斐もあり出来上がった製品は自分でも欲しいと思うような出来でした。
今後の目標
ソフトウェア開発のスキルアップはもちろんの事、プロジェクトの管理についても勉強し、任せて頂けるように努めていきたいと思います。